HAPPYDOLPHINHappy Dolphin

ダイビング講習 ステップアップ

メニュー

 
遊びを学ぼう!アドベンチャー
アドベンチャーダイバーコース、アドバンスドオープンウォーターコース
エマージェンシーファストレスポンス コース
レスキューダイバー コース マスタースクーバダイバー コース  
各種スペシャルティコース プロコース

ダイビングが楽しくなってきたら遊び方を増やそう!

アドベンチャーダイバー

水中写真や魚の観察、さらに深度を増やしたいなど 遊びに興味が出たらすぐに次を試してみましょう!Cカード


ご参加前の条件 PADIオープンウォーターダイバー以上、または同等の他団体Cカード取得者の10歳以上。
講習内容 3種類のアドベンチャーダイブ

※ コース参加者はアドベンチャー・ダイバー認定なら最短で1日で取得することが可能です。 また、先にアドベンチャー・ダイバー認定を受けた場合でも、この3回のダイブをアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースの実績(クレジット)にすることができるため、追加の2ダイブでアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー認定が可能です(※合計5本のアドベンチャー・ダイブに水中ナビゲーション、ディープダイブを含んでいることが条件となります)。



講習が修了しますと アドベンチャー・ダイブは各スペシャルティ・ダイバー・コースの1ダイブ目とカウントされるため、そのまま興味が湧いたらスペシャルティ・ダイバー・コースに進んで、さらに経験を重ねてスペシャルティ・ダイバー認定を得ることもできます。
4. アドベンチャープログラム各種スペシャルティ・ダイバー・コースに参加できます。

最少催行人員 1名様以上
コミコミ価格(税込) \38,880
2名様でご参加の場合  ¥6,000割引
価格に含まれるもの ・往復送迎 ・施設使用料・タンク
・指導料・ライセンス申請代
・南越前でのランチ
・マニュアル

レンタル器材価格(税込)

マスク&スノーケル ¥1,080 フィン ¥540
ブーツ ¥540 ウェットスーツ ¥2,160
フルレギュレータセット ¥2,160 BCジャケット ¥2,160
フルセット ¥8,400 ⇒ 



アドバンスド オープンウォーター ダイバー

水中写真や魚の観察、さらに深度を増やしたいなど 遊びに興味が出たらすぐに次を試してみましょう!Cカード


ご参加前の条件 PADIオープンウォーターダイバー以上、
または同等の他団体Cカード取得者の12歳以上。
講習内容 2種類(ディープダイブと水中ナビゲーションが必須)のアドベンチャーダイブ


※ コース参加者はアドベンチャー・ダイバー認定とアドバンスド オープンウォーターコースで最短で2日で取得することが可能です。
また、先にアドベンチャー・ダイバー認定を受けた場合でも、この3回のダイブをアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースの実績(クレジット)にすることができるため、 追加の2ダイブでアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー認定が可能です(※合計5本のアドベンチャー・ダイブに水中ナビゲーション、ディープダイブを含んでいることが条件となります)。



講習が修了しますと アドベンチャー・ダイブは各スペシャルティ・ダイバー・コースの1ダイブ目とカウントされるため、そのまま興味が湧いたらスペシャルティ・ダイバー・コースに進んで、さらに経験を重ねてスペシャルティ・ダイバー認定を得ることもできます。
4. アドベンチャープログラム各種スペシャルティ・ダイバー・コースに参加できます。

最少催行人員 1名様以上
価格(税込) 尾鷲、串本、音海、伊豆大瀬崎などで開催の為 お尋ね下さい。また、沖縄本島最南端での開催も致します。
価格に含まれるもの ・往復送迎 ・施設使用料・タンク
・指導料・ライセンス申請代<


レンタル器材価格(税込)

マスク&スノーケル ¥1,080 フィン ¥540
ブーツ ¥540 ウェットスーツ ¥2,160
フルレギュレータセット ¥2,160 BCジャケット ¥2,160
フルセット ¥8,400 ⇒ 



日常での緊急時における救急法を身につける

エマージェンシー・ファスト・レスポンス(EFR)

身近な親しい人が突然倒れたり、交通事故などに遭った場合、あなたならどうしますか? 救急車が到着するまでの時間にいかに適切な処置を施すことができるかで、 患者のその後の状況は大きく変わってきます。大切な人を守るために、いざというときに備えて、適切な処置の仕方を身につけておきたいものです。

講習内容 ◆「一次ケア二次ケア」コース
「一次ケア」では、主にCPR(心肺蘇生法)を中心にコースが展開され、「二次ケア」で、ケガや病気の対応であるファーストエイド(応急手当)を学びます。 ※レスキューダイバーコースを受講されるダイバーは、前条件として最低でもこのコース受講が必要となります。

◆「子供のためのケア」コース
「一次ケア二次ケア」コースの内容を踏まえたうえで、小児と乳児特有の違いを中心にコースが展開されます。

◆「CPR&AED」コース
「一次ケア」と「子供のためのケア」を踏まえたうえで、AED(自動体外式除細動器)をどのように使用するかを中心にコースが実施されます。 ※二次ケアであるファーストエイド(ケガや病気の応急手当)は、このコースには含まれていないので、レスキューダイバーコースの前条件にはなりません。
ご参加費用 初回受講 ¥21,000  

更新受講 \15,000
最少催行人員 1名様以上
価格に含まれるもの ・マニュアル

・EFRファーストエイドパック

・指導料(器材使用料含む)

・申請代
注)更新受講の方はEFRファーストエイドパック除く



ダイバー皆様が身につけておきたい

レスキュー ダイバー

落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって、一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。
トラブルが発生してもすぐに対処できる知識を備えるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万が一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・ダイバー・コースです。
実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など、現実に役立つ知識をトータルに学びます。


このコースを受講することにより、安全意識、他のダイバーを気遣う意識が高まるのはもちろん、ダイバーとして大きな自信をつけることができるでしょう。すべてのダイバーに受講していただきたいコースです。



ご参加前の条件 PADIアドベンチャー・ダイバー以上 、または同等の他団体Cカード取得者、かつエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム修了者、または同等の修了者
※アドベンチャー・ダイバーの場合、ナビゲーション・ダイブを行なっていることが条件となります。
講習内容 学科試験+海洋でのレスキュー課題10+シナリオ2。レスキュー課題とシナリオで少なくとも2日間以上

講習が修了しますと 1. トラブルを未然に防ぐ能力が身につきます。
2. 緊急時の応急処置ができます。
3. 自分自身の安全性が高まります。
4.他のダイバーを気遣う意識が高まります。
5. 負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
6. 水中捜索方法がマスターできます。
最少催行人員 1名様以上

コミコミプラン(税込)

ご参加費用 \59,800
価格に含まれるもの ・往復送迎 ・施設使用料・タンク
・指導料・申請代
・南越前でのランチ
・マニュアル・DVD・ポケットマスク・事故管理ワークスレート

自由自在プラン(税込)

①講習参加費 ¥16,200 ②申請代 ¥4,320
③マニュアル ¥5,400 ④DVD ¥4,536
⑤ダイビング事故管理ワークスレート ¥1,112 ⑥ポケットマスク ¥3,780
学科講習費①+②+③+④+⑤+⑥ ¥35,348 各地ツアー料金 別ページのトリップ参照下さい。
カスタム合計価格 南越前の場合は、¥78,332(税込)

レンタル器材価格(税込)

マスク&スノーケル ¥1,080 フィン ¥540
ブーツ ¥540 ウェットスーツ ¥2,160
フルレギュレータセット ¥2,160 BCジャケット ¥2,160
フルセット ¥8,400 ⇒ 


ご参加前に必要になる書類



PADIではコースの受講前に「危険の告知書」を読み、署名していただいているほか、ダイビングの前には「PADI安全潜水標準実施要項了解声明書」を確認することを強く推奨しています。 ダイビング中に考えられる危険性、安全にダイビングを楽しむために必要なことが書かれていますので、内容をしっかりと読み、自分の準備がしっかりと整っているかどうか、改めて見直してみましょう。 また、PADIコースに参加される際は、水に入る前までに「病歴/診断書」に記入をして、提出する必要があります。自己診断部分に「yes」がある場合、またはインストラクターから事前に医師の診断を受けるように言われた場合は、必ず医師よりダイビングに適した状態であるかどうかの診断を受け、医師記入欄に記入してもらった病歴/診断書を担当インストラクターに提出し、コースの参加可否の確認を取ってください。




豊富な経験を積んだ、遊びの達人

PADIマスター・スクーバ・ダイバー

MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)とは、 さまざまなダイビング活動や環境でスキルを磨いて、経験を積んだことを意味するアマチュア最高峰のランクです。専門のコースがあるわけではなく、そのダイバーの経験を表彰するものです。
多くの楽しみ方を知っているのと同時にトラブルの予防・対処能力も備えた、最も安全なレジャー・ダイバー。それがマスター・スクーバ・ダイバーなのです。
-認定条件- アドバンスドオープンウォーターダイバー
+レスキューダイバー
+スペシャルティ5種類以上
+50ダイブ
※ログブックに記録された50ダイブ以上のダイビング経験の証明が必要です
価格(税込) \12,000
価格に含まれるもの PADIマスター・スクーバ・ダイバー申請代、認定カード、証書、ワッペン



遊び方色々なプログラム

PADIスペシャルティ

ピークパフォーマンスボイヤンシー
(中性浮力)
\10,000+トリップ代
サンゴの保護 \20,000
Project Aware \20,000
デジタル水中フォトグラファー \10,000+トリップ代
エンリッチドエアーダイバー \10,000+トリップ代+エンリッチタンク差額分
・・・南越前で開催出来るようになりました。
ドリフトダイバー \10,000+トリップ代
魚の見分け方 \10,000+トリップ代
ボートダイバー \10,000+トリップ代
水中ナチュラリスト \10,000+トリップ代
ドライスーツ \10,000+トリップ代
水中ナビゲーター \10,000+トリップ代
ナイトダイバー \15,000+トリップ代
レック(沈船)ダイバー \20,000+トリップ代
ディープ ダイバー \20,000+トリップ代

PADI ディスティンクティブ スペシャルティ

ハッピードルフィンで誕生したオリジナルプログラム
越前海岸ダンゴウオ \8,000(講習費と申請代)+トリップ代
能登島ドルフィンスイム \4,000(申請代)+トリップ代
ジェリーフィッシュ ヒーリング \4,000(申請代)+トリップ代



プロコース

PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
このコースでは、あなたのダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、さまざまな活躍の場が得られます。
海の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの仲間と分かち合いたいあなたの夢を 叶えるために、このコースに今すぐチャレンジしましょう!!

PADIダイブマスターになるとできること

※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
※コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。

参加前条件

講習内容

知識開発
※「マニュアル」と「ビデオ」を使って事前学習。自習、プレゼン、ディスカッションの組み合わせで実施。各トピックのナレッジリビューの答え合わせ。トピック9の後、全ファイナルエグザムを実施の方法もある
水中スキル開発

●水中スキル実習

●ダイバーレスキュー

●ダイブスキル

実践応用

●水中スキル実習

●ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

●実践評価

●プロフェッショナリズム評価

講習時間

2ヶ月~3ヶ月ぐらい(講習時間は、候補生によって異なります)

必要教材

  • ダイブマスター・マニュアル \4,200
  • ダイブマスタービデオ(DVD) \4,800
  • インストラクターマニュアル(紙版orデジタル版) \18,000
  • エンサイクロペディア \13,000
  • ダイブマスタースレートセット(4枚) \4,400
  • ダイブロスター \2,360

参加費用

            
 
  • 講習費 \80,000
  • プール、海洋講習  その都度ご相談
  •